紫外線とレーザー脱毛器による光は全く異なり、医療脱毛がガンの原因にはなりません。

医療脱毛はガンになるって本当?

ショックを受ける男性
医療脱毛は、数ある脱毛方法の中でも最も効果の高いものです。
脱毛をされている男性の多くがこの医療脱毛を選んでいます。
そんな医療脱毛については、一つの噂のようなものが広まっています。
それは、医療脱毛がガンの原因になるというものです。
果たして、実際にそのようなことがあるのでしょうか。

 

本当にガンの原因になるのか?

疑問が絶えない男性
クリニックで医療脱毛の施術を行う際には、施術師に対して色々な質問がなされます。
特に多いのが、危険性と安全性についての質問です。

 

「どれほどの痛みになるのか」「肌トラブルは起こらないのか」「何らかの病気につながらないのか」といったことがよく聞かれるのです。
そしてその中に、「ガンの原因になるのではないか」という質問もあります。

 

これはおそらく、ネットを中心に医療脱毛はガンの原因になるという話が出回っているためだと思われます。
利用客の方としては、自分の身体に対して施術が行われるわけですから、このような不安を覚えてしまうのはある意味で当然です。

 

しかし、医療脱毛がガンの原因になるというのは単なるデマに過ぎません
クリニックでの脱毛をいくら行ったところで、それがもとで発ガンするなどということはあり得ないのです。
その理由については以下で説明します。

 

医療脱毛がガンの原因にならない理由

安全性を保証する医師
クリニックにおいて行われている医療脱毛というのは、レーザー脱毛と呼ばれているものです。
これは、脱毛器から照射されるレーザーが黒い物に反応して、毛根が破壊されることで脱毛が行われるというものです。

 

そしてこの仕組みは、メンズサロンで行われているフラッシュ脱毛においても基本的には同じです。
両者の違いは基本的には出力の差ということであって、根本的なメカニズムにおいては全く変わりません。
どちらも、特殊な光を当てることで脱毛を行っているのです。

 

この仕組みには、当然ながらガンの原因となる要素は全く含まれていません
しかし、医療脱毛を受けられる方の中には、「光を当てて脱毛をするということは紫外線に曝されるようなものだからガンの原因になるのでは?」と思われる方がいるのです。

 

そして、こうした一種の思い込みが医療脱毛はガンの原因になるという噂になって広まっているのです。
ですが、これはあくまでも噂に過ぎません。
レーザー脱毛を行ったところでガンが発生するなどということはあり得ないのです。

 

その前提は、紫外線とレーザー脱毛器による光は全く異なるというところにあります。

 

紫外線と医療脱毛器

 

確かに、紫外線は皮膚ガンが発生する原因になります。
これは皆さんもご存じの通りです。
光には波長というものがあり、紫外線の場合は10~400nm(ナノメートル)程度だとされています。
この波長は短ければ短いほど皮膚にダメージを与えやすいとされています。

 

ところが、医療用のレーザー脱毛の場合は紫外線とは比べ物にならないほど波長が長いのです。
短いものでも800nm以上で、長い物であれば1000nmを超えるような脱毛器もあり、これだけの長さを持つ波長は「紫外線」ではなく「赤外線」と呼んで区別されています。

 

ですから、紫外線が皮膚ガンの原因になるからと言って、レーザー脱毛も同じだろうと考えるのは全く間違っていますし、そうした考えには全く根拠がありません。

 

肌トラブルが全く起こらないというわけではない

肌に赤みが出る
医療脱毛とガンの発生についての関係は以上の通りですが、その他の肌トラブルが発生する可能性はゼロではありません
クリニックで医療脱毛を受けた後に起こり得る肌トラブルとしては、皮膚の赤み、毛嚢炎、やけど、硬毛化、増毛化、打ち漏れ、脇汗(汗をかきやすくなる)、乾燥などがあります。