脱毛クリームは1週間程度効果が持続するので、他のセルフ脱毛より効果が長持ちします。

脱毛クリームの効果とは

脱毛クリームのイメージ
自宅で出来る脱毛には色々な種類があります。
毛抜きやカミソリ、家庭用脱毛器などはその中でも特にポピュラーな方法です。
ですが、これらと比べると脱毛クリームによる脱毛というのはあまり一般的ではありません
一体、脱毛クリームとはどのようなものなのでしょうか。

 

そもそも脱毛クリームとは何か

脱毛クリームとは?

セルフ脱毛の中ではマイナーな方法と言って良い脱毛クリームですが、一体それはどのようなものなのでしょうか。

 

脱毛クリームとはその名の通り、脱毛のできるクリームのことです。

 

このクリームにはアルカリ性の化学物質が含まれています。
この物質がムダ毛を溶かして、最終的には毛を肌から引きちぎるようにして脱毛が行われます。

 

毛根にクリームが作用するのではなく、肌の表面に出ているムダ毛にのみ効果が表れるのです。
ですから、脱毛クリームによって得られる脱毛効果はカミソリによるものと似ていると言うことができます。
どちらも目に見えているムダ毛のみを処理するため、すぐにまた新しい毛が生えてくるのです。

 

しかし、両者には異なる部分もあります。
カミソリが肌に直接刃を充てることによって肌トラブルの原因となるのに対して、脱毛クリームでは肌との摩擦が起こらないためにそうしたトラブルが起こり辛いのです。

 

脱毛クリームの効果

ツルツル肌の美脚
続いて、気になる脱毛クリームの効果について見ていきましょう。

 

一言で表せば、脱毛クリームによる脱毛効果は高いと言えます。
もちろん、効果が高いと言ってもエステやクリニックと比べれば劣りますが、他のセルフ脱毛と比べれば全く引けを取りません。
正しく用法を守って使えば、ツルツルの肌を手に入れることができます。

 

また、脱毛クリームには他のセルフ脱毛よりも勝っている点がいくつもあります。
まず、毛抜きによる脱毛と比べて圧倒的に短時間でムダ毛を処理することができます。
毛抜きの場合には1本1本処理していかなければなりませんが、脱毛クリームであれば数百本、数千本を一気に処理することができます。

 

また、家庭用脱毛器と違って脱毛の際に肌の痛みがほとんどないという特徴もあります。
家庭用脱毛器、特にその中でも家庭用レーザー脱毛器は脱毛中にかなりの痛みを伴います。
これが脱毛クリームであれば、ほとんど痛みを感じることなくムダ毛を処理することができるのです。

 

さらに、脱毛クリームによる脱毛ではカミソリと違って、脱毛後に生えてくるムダ毛がチクチクしません
ご存知の方も多いでしょうが、カミソリを使って脱毛をすると、脱毛後に新しく生えてくる毛がチクチクとしています。
カミソリで脱毛をするとムダ毛を根本からそぎ落とすことになるため、次に生えてくる毛の先端がどうしても尖った状態になってしまうのです。
脱毛クリームでは毛を溶かして脱毛を行うため、このような事も起こらないのです。

 

これらのことに加えて、脱毛クリームには効果が長続きするというメリットがあります。
セルフ脱毛の弱点の一つは脱毛効果が長続きしないというところですが、脱毛クリームの場合は平均で1週間程度効果が持続します。
もちろんこれには個人差があり、短い場合であれば3~4日程度、逆に長い場合であれば8~9日を超えても効果が持続するということもあります。
しかしいずれにせよ、他のセルフ脱毛と比べて効果の持続期間が短くなるということはほとんどありません。