男性脱毛は自由診療なので、治療費の全額を利用者自身が負担することになります。

男性脱毛は保険適用?

脱毛をされる男性が気になるのは、やはり脱毛の効果についてです。
しかし、それと同じくらい大事なのが脱毛の費用についてです。
実際、メンズサロンやクリニックには料金についての問い合わせが多く寄せられています。

 

またそれと合わせて、男性脱毛には保険が適用されるのかどうかということについても多くの質問が寄せられるそうです。
果たして、保険は適用されるのでしょうか?

 

保険診療と自由診療

自由診察か保険診察か悩むイメージ

まず初めに、医療行為の大まかな分類について説明します。
医療行為には、大別して保険診療自由診療の二つがあります。

 

保険診療とは簡単に言えば、治療費に対して保険が適用される医療行為のことです。
保険が適用されるのは、標準的な医療行為として国が最低限認めているもののみです。
例えば、風邪を引いた時にそれを治したり、骨折をした時にそれを治療したりする時に保険が適用されます。
保険診療では、治療費の一部を負担するだけで医療行為を受けることができます

 

一方の自由診療ですが、これは治療費に対して保険が適用されない医療行為のことを言います。
ですから、保険診療でないものは全て自由診療ということになります。

 

 

自由診察例

 

例えば、美容整形をしたり、歯のホワイトニングをしたり、刺青の除去をしたりといった行為がこれに当ります。
また、人間ドッグについても保険は適用されず自由診療という扱いになります。
自由診療では、治療費の全額を利用者自身で負担することになります。

 

また手術の際の費用についても保険診療と自由診療では大きく異なります
保険診療に分類される手術であれば、日本全国どこの病院でも患者が負担する額は同じです。
しかし自由診療では、手術費をそれぞれの医療機関が自由に決めることができるのです。
そのため、保険診療よりも自由診療の方が手術費の額は概して高くなります
数倍になるのは当たり前で、場合によっては数十倍になることもあるのです。

 

男性脱毛は保険診療ではない

ここでいよいよ冒頭の疑問に戻ります。
ここまでの説明をお読みいただければお分かりだと思いますが、男性脱毛(医療脱毛)は保険診療には分類されません
ということはつまり、保険の適用されない自由診療であるということです。
医療脱毛は「標準的な医療行為」とは認められていないのです。

 

整形手術と同様に医療脱毛は美容外科手術に分類されているのですが、美容外科手術の場合は基本的に保険が適用されることは無いのです。
眼瞼下垂と呼ばれる、瞼が垂れ下がってきて視界が狭まる症状は例外ですが、それ以外のケースでは自由診療に分類されるのが普通です。

 

もっとも、医療脱毛の中でも多毛症の治療を行うために行われる施術に関しては保険が適用される可能性があります
多毛症とは、軟毛が硬毛に変化する症状のことです。
数ある医療機関の中には、多毛症の治療を保険診療として行っているところもあるのです。

 

とは言え、そうした医療機関が多いわけではなく、中には「多毛症が他の疾患の原因になっている場合」などと留保条件を付けているケースもあります。
ですから、多毛症の方であっても保険が適用されることは多くないと考えておく方が良いでしょう。