脱毛はコストだけではなく注意点を考慮して最も良い方法を選びましょう。

セルフ脱毛する際の注意点

自分で髭を剃る男性
脱毛をされる男性に人気なのが、メンズサロンやクリニックでの脱毛です。
こうした場所では、専用の機器を使用したプロによる施術を受けることができます。
しかし、このような脱毛を続けるどうしてもコストが高く付いてしまい、時間もかなりかかってしまいます。

 

一方、セルフ脱毛であればコストも安く抑えられますし、自分が好きな時に好きなだけ脱毛を行うことができます。
ですが、セルフ脱毛にはいくつか注意すべき点もあります。

 

カミソリ・脱毛クリーム・家庭用脱毛器の注意点

セルフ脱毛の神器
セルフ脱毛にはいくつもの方法がありますが、中でも特に人気なのがカミソリ・脱毛クリーム・家庭用脱毛器の3つです。
この3つはどれも安価で、サロンやクリニックには無い手軽さが魅力の脱毛方法です。

 

しかし、これらには注意すべき点もあります。
以下で個別に説明していきます。

 

カミソリを使った脱毛

カミソリでセルフ脱毛

脱毛をする際にカミソリを使う場合は、肌へのダメージに注意しなければなりません。

 

カミソリを使って脱毛をしたことがある方であればお分かりになると思いますが、カミソリでムダ毛を剃ると白い粉のようなものが刃にくっ付いてきます。
実はこれは、皮膚の角層なのです。

 

カミソリで脱毛をする際には刃を直接肌に当ててムダ毛を剃るため、毛と一緒に皮膚の角層が剥がれてしまうのです。
そして、これは当然ながら肌へのダメージになります。

 

カミソリを使った脱毛を続けているとこうしたダメージが蓄積し、炎症を起こしたり赤くただれたりしてしまいます。
こうした状態は俗にカミソリ負けと呼ばれています。

 

また、こうしたカミソリ負けをしている状態で無理やり処理をすると色素沈着の原因ともなります。

 

脱毛クリームを使った脱毛

脱毛クリームでセルフ脱毛

脱毛クリームを使用する際には、自分の肌に合うかどうかに注意しなければなりません。

 

カミソリにしろ家庭用脱毛器にしろ、あるいは毛抜きにしたところで、セルフ脱毛というのは基本的に誰でも問題なく行うことができます。
しかし脱毛クリームは例外です。

 

脱毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」「アルカリ剤」といった成分が含まれており、これらが体毛の主成分であるケラチンを溶かすことで毛がなくなるわけですが、こうした成分はアレルギーの原因にもなるのです。
ですので、こうした成分にアレルギー反応の出る方は脱毛クリームを使用することは避けなければなりません。

 

また、仮にアレルギー反応が出なくても敏感肌の方はかゆみや痛みが出てしまう可能性もありますので、使用を控えた方が良いでしょう。

 

幸いにして、パッチテストを行えば脱毛クリームが自分の肌に合っているかどうかを確認することができますので、心配な方は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

 

脱毛クリームの効果・メリット・デメリットはこちら

 

家庭用脱毛器を使った脱毛

家庭用脱毛器でセルフ脱毛

他のセルフ脱毛と違って、家庭用脱毛器を使って脱毛をする際には強い痛みを伴いますので、その点には十分に注意しておかなければなりません。
これを知らずにいきなり使い始めてしまうととてもビックリしてしまいますし、肌の弱い方だと何らかの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

 

また、家庭用脱毛器は他のセルフ脱毛よりもコストが嵩みますので、その点にも注意が必要です。
本体価格はもちろんですが、充電のための電気代やカートリッジの交換費用など、使い続けていくとどんどんと出費が嵩んでいくのです。

 

家庭用脱毛器の効果・メリット・デメリットはこちら

 

プロに任せることのメリット

プロに髭脱毛してもらう男性
サロンやクリニックで脱毛を行えば、当然セルフ脱毛よりもコストが高くなってしまいます。
しかし、脱毛の安全性ということで言えばプロに任せた方が断然安心です。

 

また、サロンやクリニックでは施術前のカウンセリングやアフターケアも充実しています。
ですので、脱毛を行う際はコストだけではなくこの様な点も考慮した上で最も良い方法を選ぶことが重要になります。